サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

健康経営カンファレンス2018に参加しました

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、インストーラーの久保です。

5月15日に虎ノ門ヒルズで開催された、健康経営カンファレンス2018に参加してきました。www.kenkokeieiupdate.com/

健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。昨今、健康経営銘柄の選定や、健康経営優良法人認定制度の運用などにより、注目されています。

今回のカンファレンスでは、医療的な側面に留まらず「働き方へのアプローチ」や「データ」等、多種多様な観点から講演が行われました。
看護師・保健師の経歴を持つ久保は、従業員の健康という点からは勿論のこと、働き方改革とも密接に関連しているテーマだけに、非常に興味深く参加しました。

その中でも、
最後の特別講演の中で『健康経営の中では、上司が部下をどの様にマネジメントするのか、従業員1人1人がどう働くのか、そのワークリテラシーを考える必要がある』と登壇者の1人が講演されたことが1番印象に残りました。

健康経営の指標には、健康診断の受診率や禁煙、メンタルヘルスについての対策が掲げられています。それらも大切な対策です。しかし、その前提として、組織の中でどのようにリーダー達が部下と関わり、成果を上げるのかが非常に重要になると感じています。

私はオフィス・アニバーサリーに今年入社したばかりですが、入社を決めた一番の動機は、『「ここで働いていて本当によかった」そう思える会社を世界にたくさん作ること』というミッションを、メンバーと一緒に実現していきたいと思ったこと。
当社のサービスを提供することで健康経営の実現に関わっていきたいと、心を新たにした1日となりました。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ