サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

「営業戦略 進捗管理」始めました!

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、戦略推進の中谷です。

今回は、先日より社内で運用し始めました「営業戦略 進捗管理」について、少しお話ししたいと思います。

どのような企業であっても、経営戦略や営業戦略、商品戦略やマーケティング戦略など、なにかしらの「戦略」を立て、目標を設定し、それに向かって邁進されていることと思います。
その中で、会社の売上に直接繋がる「営業戦略」を立てることはとても重要だと、私は考えています。なぜなら、中小規模の会社であれば尚のことですが、限られたリソースの中で、より大きな利益を作り出していかなければならないからです。

そこで、「戦略推進」である私は、弊社の戦略をグイグイ推し進めるツール「営業戦略 進捗シート」を作成してみました。

まず、パッと見て分かることに重点を置き、1枚のシートになるよう配慮しながら、縦軸には進捗確認したい項目を、横軸には月を置き、月ごとにウオッチできるよう作成しました。

進捗確認する項目は大きく3つ。

①「数値目標」
会社が向かう先のゴールを、月ごとに目標を「数値」で置く。前年実績も加えて比較し、自社の現状況を数字で把握する。

② 「戦略」
その目標(①)を達成するためになにをすべきなのか、会社が向かうべき方向性も併せて道筋を立てる。
また、これについても、月ごとにKPI(指標)とその目標数値を置き、戦略がうまく進んでいるのかを明確にする。

③ 「そのためにすること」
この戦略(②)を全うするために、「誰」が「何」を「いつ」するのかを落とし込む。

 

こういったツールは、作ることで満足しがちですが、それでは全く意味がありません。
進捗管理をする場を定期的に設け、「想定通りなのか」「なにが想定外なのか」「打ち手を変えるべきなのか」など、最新実績に更新した「営業戦略 進捗管理シート」を基に、具体的建設的に話すことで、ツールが活きますし、戦略も生きます。

これは企業全体だけでなく、部署単位やプロジェクトごとなど、多様な単位で使えるツールだと思っています。明確な戦略やそのためにすることをチーム全体で共有し、タイムリーに軌道修正しながら進捗管理をしていくことが、売上や利益を積み上げていく近道になると思っています。

 

尚、どんなシートなんだろうと思ってくださる方がいらっしゃったら、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ