サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

弊社のマネジメントの基本にある考え方

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代表の北方です。

前々回の私の担当ブログで、「マネジメント大競争時代がやってきた」と書いたのですが、今日は弊社がどんな考え方でマネジメントしているかをお話ししましょう。

弊社においては、マネジメントは「管理」では全くありません。社長が考えた目標と計画に基づいて、社員をそのとおりに行動させることを「管理」だとすると、弊社は全く異なる考え方でマネジメントしています。

本来会社とは、同じ旗のもとに集まる仲間でできています。弊社の場合は「この会社で働いていて本当によかったと思える会社を世の中にたくさん作る」という旗が掲げられています。これに共感して集まった仲間が、それぞれの持っている力を発揮して一緒にこの旗を現実のものにしようとする活動をしているのです。

つまり、理念は共有していますが、理念を現実化させるために社員自身が具体的にどんな行動を起こしていくのかは社員自身が考えて決めることであり、社長がああしろこうしろというべきことではないと考えています。社長の役割は、実現したい理念に沿っている限り、社員が自分で決めた目標を達成できるように支援することにあります。もしある社員が思うように行動できず、成果があげられないとすれば、それは社員の責任ではなく、それを支援している社長の責任です。

社員が最大限の成果を出せるように自ら考えて行動する。それを支援し、その責任を社長が負う。だから社員はいい仕事をすることに専念できると考えています。これが弊社のマネジメントの基本となる考え方です。一般的な成果主義では、成果が出るかどうかは社員個人が責任を負っていると考えますが、それとは全く違うものです。では、弊社のマネジメントの仕組みは具体的にどうなっているのでしょうか。それは次回詳しく説明しますのでお楽しみに。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ